マンション買取を検討しているなら知っておきたい取引の話

作業員

住宅購入の費用を抑える法

家

仲介手数料の決め方

マンションや一戸建てなどの中古住宅を購入する時は、住宅の本体価格以外にもさまざまな初期費用がかかります。具体的なところでは印紙代や登記関連費用、火災保険料などがこれに当たりますが、もちろん引っ越し費用も別途必要となります。さらに、忘れてはならないのが仲介手数料です。仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社に支払うお金で、一種の成功報酬です。仲介手数料の額は法律で上限が定められており、その額は物件価格が400万円以上の場合(つまりほとんどの物件の場合)本体価格の3パーセントプラス6万円となります。仮に住宅の価格が4,000万円なら仲介手数料の額は126万円となり、これに消費税が加算されます。一方、仲介手数料の額の下限については、特に定めがありません。ということは、工夫次第では金額を安くすることもできるわけです。

浮いたお金で家具購入

仲介手数料の額を安くする工夫は2つあります。1つは不動産会社と値引き交渉することです。そしてもう1つは、あらかじめ仲介手数料の額を安く設定している物件を探すことです。特に最近目立つのは、仲介手数料無料という物件です。仲介手数料無料にもやはり2つの種類があります。1つは自社物件、つまり不動産会社がいったん買い取って販売している物件です。この場合は仲介には当たらないので仲介手数料の支払いは必要ありません。もう1つの仲介手数料無料のパターンは、不動産会社が営業努力によってディスカウントしている場合です。これは支店などの実店舗を持たず、インターネット中心に営業活動を行っている業者などによく見られます。仲介手数料無料物件であれば、浮いたお金を家具や家電の購入に回したり、場合によっては少しグレードが高めの物件を取得することもできます。そのため最近ではこうしたタイプの物件の人気が高まっています。